Skip Navigation?
 

 

 

 

 

2018年1月25日

AIG損保Presents 「スーパーキッズ・オーケストラ」 ~2018ニューイヤー・ミニコンサート~を開催

AIG損害保険株式会社(以下、AIG損保)は、2018年1月17日(水)グランフロント大阪 ナレッジシアターにて、日本を代表する指揮者 佐渡 裕(さど ゆたか)氏がプロデュースする子どもたちの弦楽合奏団「スーパーキッズ・オーケストラ」のニューイヤー・ミニコンサートを開催しました。

本ミニコンサートは、2009年1月より富士火災Presentsとして開催してきましたが、2018年1月1日に同社がAIU損害保険株式会社と合併し、AIG損害保険株式会社が誕生したことから、AIG損保Presentsとしての開催となりました。

今回も、昨年に引き続き、AIGグループ各社の主な大阪拠点が集まるグランフロント大阪のナレッジシアターにて、代理店の皆さまやAIGグループ(AIG ジャパン・ホールディングス株式会社、AIG損害保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社等)の社員等約380名が集い、スーパーキッズの演奏を楽しみました。

加藤 完二氏指揮のもと、モリコーネの「ニュー・シネマ・パラダイス」といった映画の名曲から、チャイコフスキーの「アンダンテ・カンタービレ」といったクラシックの定番まで、幅広いジャンルが演奏されました。また、本ミニコンサートは入場に年齢制限がないため、小さなお子さんも一緒に、良質な音楽に触れることのできる貴重な機会となっています。会場の中から選ばれた1名のお子さんが、舞台上で指揮者を体験するコーナーも実施され、大いに盛り上がりました。

ミニコンサートの最後には、サプライズで佐渡 裕氏が登場し、アンダーソンの「フィドル・ファドル」、ウィーランの「リバーダンス」を指揮し、大歓声に包まれてミニコンサートは終了しました。


AIG損保Presents「スーパーキッズ・オーケストラ」~2018ニューイヤー・ミニコンサート~概要

  • 日時: 2018年1月17日(水) 19:00~20:00
  • 場所: グランフロント大阪 北館4F ナレッジシアター(大阪市北区大深町3-1)
  • 主催: AIG損害保険株式会社
  • 出演: 指揮  加藤 完二 氏
  • 演奏: スーパーキッズ・オーケストラの皆さん
  • 演奏曲:
    セント・ポール組曲 第1楽章(ホルスト)
    アンダンテ・カンタービレ(チャイコフスキー)
    メリー・ウィドウ メドレー(レハール)
    ニュー・シネマ・パラダイス(モリコーネ)
    シャコンヌ(バッハ)
        ~アンコール~
    フィドル・ファドル(アンダーソン)
    リバーダンス(ウィーラン)
大人顔負けの素晴らしい演奏を披露するスーパーキッズ
大人顔負けの素晴らしい演奏を披露するスーパーキッズ
世界中で活躍する佐渡氏が サプライズ登場
世界中で活躍する佐渡氏が サプライズ登場

『佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ』とは

世界のマエストロ、日本を代表する指揮者 佐渡裕氏が『世界一のオーケストラだ!』と、もっとも力を注いでいるのが『佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ』です。

スーパーキッズ・オーケストラは、“夢をもった大人の、子どもたちへの真剣なプロジェクト”として2003年度に誕生。

メンバーは兵庫県立芸術文化センター芸術監督を務める佐渡氏とプロジェクトメンバーの指揮者・加藤完二氏自らがオーディションで選抜した“小学生から高校生までの子どもたちだけの弦楽合奏団”です。

彼らは佐渡氏、加藤氏らの指導のもと、そのずば抜けた才能を余すことなく発揮して、聴くものの心に響く音楽、音楽で人を楽しませる『よろこび』を創りあげてきました。次世代を担う彼らにとってこの体験は“未来への大きな宝もの”となっていくでしょう。

佐渡氏とともに数多くの方に“音楽の喜び”を伝え続けるスーパーキッズ。

2018年も『佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ』の更なる飛躍が期待されています。