Skip Navigation?
 

 

 

 

 

2018年10月17日

AIG損保社員が「ドナルド・マクドナルド・ハウスなごや」で食事提供のボランティア

AIG損害保険株式会社の東海・北陸地域事業本部を中心とする社員が、2018年9月9日に名古屋市内の「ドナルド・マクドナルド・ハウス なごや」にて、食事を作るボランティア活動を行いました。このプログラムは、自宅から遠い場所にある病院に入院中の子どもの治療に付き添うために同施設に滞在しているご家族向けに行ったものです。

参加した社員からは、「『ドナルド・マクドナルド・ハウスなごや』がある名大病院には、重篤な症状のお子さんも多く入院されており、遠方から付き添いのために滞在されている親御さんの苦労についてお話を伺うことができました。このミールプログラムボランティアで作った食事で、親御さんの負担の軽減、そして子ども達への応援の気持ちが伝わることを願っています」、「私たちがご提供した料理に、『とても美味しい。ありがとう』と仰っていただき、逆にこちらが元気をいただいたように思います。また、今回のボランティアを通じて社内での別の部署の社員とコミュニケーションし交流を深めることができたことも大きな収穫でした」などの感想が寄せられました。

AIGグループでは、全国10地区12ヵ所にあるドナルド・マクドマルド・ハウスにて、同様なミールプログラム(食事提供)のボランティアを展開していく予定です。

ドナルド・マクドナルド・ハウス とは?: 家から遠く離れた病院に入院しているお子さんの治療に付き添うご家族のための滞在施設です