Skip Navigation?
 


未知のIoTリスクをマネジメントするために(製造業)

イギリスで始まった「産業革命」から2世紀が過ぎようとする中、IoTを中心とした「Industry 4.0」が、次なる産業革命として期待を集めています。例えばエネルギー産業では、「スマート」という言葉で代表されるように、さまざまなデバイスによって効率化が行われています。導入が進んでいるオフィスビルでは、スマートデバイスを使って各フロアをモニタリングすることで、ビル全体の電気使用量の最適化を図っています。

一方で製造業におけるリスク管理に目を向けると、IoTの登場により、センサーで生産ラインや産業機器の故障などを未然に回避することや、ウェラブルテクノロジーの活用でラインに携わる従業員の傷害リスクを削減するといったこともすでに現実のものとなっています。

このように、IoT時代の到来で世界に変化が訪れている一方で、従来とは異なる新たなリスクも懸念されるようになりました。そこで、それらのリスクを未然に防ぐため、IoT時代に求められるリスク対策の要点をまとめました。

下記に記載されるコンテンツは、AIG Incが作成した「The Internet of Things: Evolution or Revolution? Part 1 in a Series」、「IoT Case Studies: Companies Leading the Connected Economy Part 2 in a Series」、「IoT Risk Manager Checklist: What Are You Trying to Connect?」を元に作成されました。
https://www.aig.com/innovative-tech

 

3つのIoTリスク

3つのIoTリスク

IoT時代を迎えた製造業にとって脅威となっているのは、「プライバシー/個人情報の漏えい」「サイバー攻撃」「予期せぬ賠償責任」という3つのIoTリスクです。ここではそれぞれの詳細をご紹介します。
詳しく読む

 

IoTが本格的に普及し始める中、リスク管理の重要性は飛躍的に増しています。しかし、その環境整備は始まったばかりで、法整備がテクノロジーの進歩に追いついておらず、対策が確立されていないリスクが存在しています。AIGはそれらのリスクについて、想定されるケースをもとにして、リスク管理上のポイントをまとめました。

Case1:スマートハウスにおけるリスク対策

Case1:スマートハウスにおけるリスク対策

スマートハウスで使用されるIoTデバイスを製造・販売する会社の事例です。リスク対策で重要になる消費者との「警告通知および警告義務」と「契約責任」を中心に、契約締結時のポイントや、潜在化しているインシデントへのリスク対策のヒントなどを事例からご紹介します。
詳しく読む

Case2:産業用制御システムにおけるリスク対策

Case2:産業用制御システムにおけるリスク対策

産業用制御システムを導入した組み立てラインがある製造業の事例です。悪意のある第三者がシステムに侵入した場合の「不法行為責任」を中心に、インシデント調査で重要になる項目や、被害を最小限に抑えるためのリスク対策のポイントを、具体的な事例をもとにご紹介します。
詳しく読む

Case3:ヘルスケアデバイスの製造販売におけるリスク対策

Case3:ヘルスケアデバイスの製造販売におけるリスク対策

IoTペースメーカーを製造・販売する会社の事例です。ヘルスケアデバイスを製造・販売する会社では、製品を市場へ投入する前のセキュリティーテストや悪意のある第三者に対する不法行為責任の追及、訴訟に備えた準備などが重要になります。それぞれについて、事例をもとにご紹介します。
詳しく読む


企業のIoT化とサイバーリスク

IoTは私たちに多くの恩恵をもたらす一方で、これまで想定できなかったさまざまなリスクが登場し、大きな経営課題になりつつあります。
その一方で、IoTで多くの恩恵を受ける可能性がある製造業のリスク意識は低いようです。AIGジャパンの調査では、全体企業の68%がIoTのサイバーリスクを意識しているのに対し、製造業では63%にとどまるなど全体平均を下回りました。また、サイバー対策予算やサイバー保険加入率なども全体平均を下回っており、製造業のIoTリスク対策の遅れが目立っています。
IoTの取り組みが本格化しようとするなか、製造業に関わる全ての人が意識しなければならない重要なポイントについて、AIGジャパンの調査結果をもとにご紹介します。

AIGジャパンの調査の概要
対象者:資本金5000万円以上、従業員100人以上の企業で、取締役以上の役職を務めている方206名(内、製造業は68名)
実施時期:2017年8月

 

サイバーリスク対策を経営課題として捉えること

サイバーリスク対策を経営課題として捉えること

IoTへのサイバー攻撃による被害は、従来懸念されている「情報漏えい」にとどまらず、「事業中断・停止」、「顧客からの損害賠償請求」「行政機関からの指導」、「物理的な損害(施設の火災や在庫の毀損・汚損)」などに発展すると想定されています。
詳しく読む

サイバーリスク対策を経営課題として捉えること

サイバー攻撃に対しての意識向上と対策が今以上に必要

IoTの概念が浸透しつつあるなか、外部からのサイバー攻撃を脅威と考える企業は増加傾向にあります。
AIGジャパンが企業のリスク意識を調査したところ、「外部からのサイバー攻撃」をリスクとして意識していた企業は68%で、「情報漏えい」(77%)、「法務法令・コンプライアンス」(72%)に次いで3番目の高さになりました。
詳しく読む

「サイバーリスク対策はコストではなく投資である」という考え方

「サイバーリスク対策はコストではなく投資である」という考え方

サイバーリスク対策への投資についても、製造業の予算順位は低いようです。
AIGジャパンが実施した調査によると、サイバーリスク対策への投資金額や予算に関して、「積極的に増やす見込み」と回答した企業は製造業では約7%でしたが、製造業以外の業種では約21%と大きく差が開いていました。
詳しく読む